IT機器を持って外出する

会社の営業や個人が外出する際にも利用できるITの機器、「iPad」、「タブレット」「高性能のスマホ」などが発達し、営業でも外出先から会社にある自分のPCから大事なデータを受け取り、その場で相手先に提示できるようになり、手間も時間も省けてよりスピーディに動けるようになってきました。営業において決断と作業の速さがものをいう時代であり、便利なITの機器を使いこなす“よりできる営業マン”が増えています。

個人で外出する際も、出かける際に電車の時間や待ち合わせ場所の地図、近くのカフェやレストランなどをピックアップしてデータとして入れておけば、行った先で困ることもなくなりました。また出かけた先での地図も見られるので、迷ってもGPS機能でこまらないようになりました。

普段でも主婦の間で便利に使われているアプリもあり、主婦仲間でアプリの情報交換などしあい話題も増えて楽しんでいます。

私も出かける時には必ずスマホにデータを入れて出かけています。友達との待ち合わせにも電車の時間や地図や美味しい食べ物屋さんなどをいれて行くことにしています。また買い物には、スマホの「メモ」機能を使い買い物の順番を決めてメモに入れて動いています。

買い物の途中休みながら、お金を使い過ぎないようスマホの計算器で計算しています。短時間で買い物をしなければいけないので、どう動いていけば無駄がないかも分かりますし、お金の使い過ぎにも注意できます。

また友達と出かけた際の突然の予定変更にもスグにスマホで対応できるので、便利になりました。スマホがなければ、突然の予定変更に対応すべく本屋さんに行っては調べたり近くで人に聞いたりと大変です。

スマホアプリを愛する方は、いっそ作る側に回ってみてはいかがでしょうか?「アプリケーションエンジニア」と言うそうです!参考サイト:http://appsysengineer-tensyokusindan.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です