IT業界でのツイッターの存在

IT業界だけでなく今やツイッターは全世界で使用されており、ユザー数2,252万人だそうです。

ツイッター社が2006年7月あに使用開始したサービスで、140文字以内のツイートと称される短文を投稿できる情報サービスです。Tweetは「鳥のさえずり」という意味で、日本では「つぶやき」として知られ定着しています。

横にゆるいつながりが発生し、広くはソーシャルワークネットサービス、SNSと同じ扱いをしていますが、ツイッター社としては社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワークであるとし、SNSではないと言っているようです。

ツイッターに投稿するためには、PCや携帯電話、スマホで自分のアカウントを作成しログインして、画面上のボックスに140文字以内の内容で書き込み「ツイート」ボタンを押して完了です。携帯メールでの書き込みもできるので、インターネットに接続できる環境であれば誰でもどこでも見ることができます。

ツイッターにログインした時、自分の専用ページ「ホーム」のタイムラインには、自分の投稿と「フォロー」したユーザーの投稿が時系列順に表示されており、ユーザーが自分の現在の状況や感想などを即座に投稿でき、他のユーザーがそれに対して話しかけたりすることで「ゆるい」コミュニケーションが生まれてきます。

またキーワード検索をするとキーワードを含んだ投稿のタイムラインができ、キーワードを含んだ投稿でのつながりができ、そこでグループが自然にできるようになります。同じキーワードを含んだ投稿をすれば、グループに参加もできることになります。これにより今たくさん投稿されているキーワードを知る事ができ、トレンドの範囲を国別や主要都市別に絞り込みができる機能もできています。

IT業界ではこれをビジネスにも利用できればと考え、さまざまなツイッターを使っての取り組みを始めています。

そして、今や使い方の幅が広くなりすぎて、ユーザー間でのトラブルも増えたことも間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です